スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

挑戦者豊島さんの詰将棋訓練

 本日から日経新聞社主催の王座戦が始まりました。若手の豊島さんが挑戦者です。挑戦者に決まった豊島さん。インタビューに答えて「詰将棋を解く量を増やしている」と。
  タイトル挑戦者のトップ棋士がどんな詰将棋を解いているのか?大変興味のある発言です。 昔、「研究時間はスポーツ新聞の詰将棋だけ」と発言した屋敷九段。競輪競馬にスポーツ新聞片手に闊歩する姿が目に浮かびます。まさか研究熱心で名高い豊島さんですから、スポーツ新聞の詰将棋が研究対象ではないと思います。「詰パラ」か「江戸時代の献上図式」でしょうか!
 いずれにしてもこのようなトップ棋士の発言は重い。詰将棋の存在価値を高めるものと考えます。余段ですが、豊島さんは詰将棋の創作にも理解が深い。朝日新聞の連載は好評でした。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。