スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

アドラー心理学

  アドラー心理学『嫌われる勇気』が売れているようです。半世紀以上も前に亡くなった哲学者なのですが、リバイバルでしょうか?「料理の仕方」に工夫があれば新鮮に見えるということでしょうか?
  子育てにも関係しています。「叱るのではなく、褒めて育てる」というのは車のCMでも出てくる話ですが、褒めれば子育てはうまく行くというほど単純ではありません。やたらに褒めることで子供の価値判断基準が褒められるかどうかに偏ってしまうリスクが懸念されます。
 また親から見ますと褒めるという行為は「支配下に置く」という深層心理に基づいており、子供の自立を妨げることにもなります。叱るよりも褒めるはおそらく正しいのでしょうが、何をどのように褒めるか、誠に難しいです。のべつ幕なし褒めるのではなく子供一人ひとりの性格をしっかりと理解する所からスタートでしょう。


▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。