スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

普及活動、今一歩波に乗れず

  退職を前に様々な準備を行ってきたつもりでしたが、今一つ波に乗れず…。何事も新しいことをスタートするには大変なエネルギーが必要です。どんなに困難な状況におかれてもそれをはね除けて立ち向かって行くファイトかなくてはなりません。
①まずは子供教室ですが、「場所さえあれば…」と言う言い訳の元に前に進んでいません。とにかく小さなスペースを有料で賃借して…からスタートかもしれません。
②「将棋普及に関する」子育て論の講演会についても声がかかればどこにでも行けるように準備万端にて待機しているのですが、ニーズがどこにあるのか手さぐり状態です。
③唯一順調なのは、普及用の小冊子の発行です。毎月の定期発行に加え、増刊号まで発行しています。しかし、黒字化には至らず、在庫を抱えているのが課題です。
 局面の打開策は「仕事を外で精力的に行うこと」と「営業活動を行うこと」と思っています。家にいるから、前に進まないわけですから、とにかく毎朝、(クールビズの時代ではありますが)ネクタイを絞めて外に出ることからでしょうか!?けっして孫の世話を行うために退職したわけではありません。
  近所に住む共働きの娘が孫を預けて勤めに行きます。月曜日~金曜日は家内が1才半の孫の世話に追われています。「ちょっと、じいさん!(私のことですがな)どこに行くの!稼ぎがないなら、孫の面倒くらい見とき!」なんてコキ使われて将棋普及活動どころではありません。私の思いは「自分の孫のみならず、広く孫世代に将棋を普及」という崇高なものだったはずですが、自分の孫に振り回される日々が続きます。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。