スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

「改憲」か「ノーベル平和賞」か

「戦争ができる国に」。安倍内閣の右傾化が懸念されている中、2月21日朝日新聞の投書欄に面白い投稿がありました。日本国民を対象として『ノーベル平和賞』を申請しようという運動があるらしい。周辺国との緊張が高まる状況で改憲を進めるのも一理あるのでしょうが、平和を守るという精神を貫く日本国民のアピールになるという思惑。安倍内閣への牽制にもなると言うわけです。もし安倍さんが内閣総理大臣として国民を代表して受賞するとなれば国民の平和への思いをないがしろにはできないでしょう。かつて佐藤栄作さんはノーベル平和賞が欲しくて裏工作したという噂もありました。さてこの運動が盛り上がったら、安倍さんは「改憲」か「ノーベル平和賞」かどっちを取るのか?どっちもねらって失敗っ!というところでしょうか!?

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。