スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

将棋の普及(その1)

 「将棋の普及」とは駒の動かし方を知らない人に将棋の面白さをわかってもらうこと…将棋博士の越智信義さんから言われた言葉です。この言葉がずっと私の頭にあります。また「将棋を強くなるのは教える側の努力はいらない。好きになった子供さんはほっといても強くなる」これは名古屋の鬼頭孝生さんの言葉です。
 そんな中で私の使命は全く将棋を知らないお子さんに将棋を知るきっかけを作ることと思っています。また中高年の皆さんへのアプローチも大きな意味があると思っています。つまり将棋を昔は指したけど今はとんとやらない。こんな皆さんが大勢いらっしゃいます。将棋を指す楽しみを思い出してもらってさらに広く孫世代に伝えていく…こんなことを考えています。
 さていろいろな方にお話していますと「ん、将棋?私はいいわ!興味ないから!」という方にも巡り会います。私は将棋を通して知り合いもお友達もこの数年にうなぎ登りに増えました。将棋に関心がある方々との交流はある意味では気楽です。一方、先程の「将棋はいいわ!」のような方とは難しいです。気苦労です。将棋を知らないお子さまたちは「面白いんだよぉ~。教えて上げる」という感じでOKなんですが、大人はそんなわけに行きません。ただし、将棋を知らない人へのアプローチも少しだけ長い目でみますと大切なことのような気がします。大きなお世話かもしれませんけど……。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。