スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

新幹線5時間ストップ

 新幹線が五時間ストップというのは10年か20年に一度あるかどうかの出来事でしょうか?開業当初は「新幹線は雨や雪に弱い」などと言われて米原辺りで不通になったことがしばしばという記憶があります。
 さてその新幹線のストップの影響をまともに受けてしまいました。3日朝、旭丘ラグビーOB会に出席するために家を出ましたが、京都駅で足止めされました。会の集合時間は午後ですから、在来線という選択も当然ありました。しかし、ストップの原因が沿線の火災で新幹線が燃えているのではない。ダイヤの乱れはあってもすぐに運転再開されるはずと判断しました。
 この判断がどつぼの始まりでした。人々が溢れる京都駅にて9時、10時、11時……。待てど暮らせど再開しません。しゃあないなあ~。近鉄特急でゆったりとはどうかな?と切符売場へ向かうとそこも長蛇の列です。そこでやっと在来線を選択しました。山科、大津、膳所まで来て今度は在来線がストップしました。草津と栗東間で人身事故とか。ついていないとはまさにこのことです。次に何かあったら名古屋行きは中止じゃあ!とぶつぶつ言いながら京都駅に戻って新幹線の運転再開を待つことにしました。待つこと4時間、12時前にしてやっと運転再開の兆し。停車中ののぞみ号はラッシュ時そのものの超満員です。反対側に停車中のひかり号は指定席が結構ガラガラでした。やはり皆さん先を急ぐのでしょう。
 さてその空いているひかり号を選択したのが正しかったかどうか!岐阜羽島にてのぞみ号の通過待ちです。普通は一本なのですが、どういうわけか二本三本四本…。そして名古屋駅の直前でもホームが空くのを待たされました。超満員ののぞみ号が正解だったとは思えませんが……。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。