スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

ホテルレストランの食材偽装不祥事

 阪神阪急ホテルのメニュー偽装不祥事。ホテルレストランの消費者を軽視した驕りが発覚したもののように感じます。そして「コストを下げろ」とか「客単価を落とすな」とか利益追求に振り回される経営方針が露呈してしまったという面も当たっているでしょう。
 かつて下町の銭湯は『○○温泉』と看板を掲げていてお湯は温泉でもなんでもないのに誰も「どこが温泉じゃあ~」などと目くじらをたてたりしませんでした。ホテルレストランの側からしますと「ええっ!昔から皆さん、こんなんで納得しはってたんちゃいますの?今になって文句言われましても…看板ですがな~」。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。