スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

羽生さん王座防衛

 昨夜の王座戦第五局。羽生さんが中村六段を下して王座戦のタイトル獲得21の新記録を達成。また来期の出場も確定していますので連続出場記録も23年と記録を更新しました。今回は挑戦者中村六段に先に2勝を許し、カド番の第四局も千日手指し直しにて辛くもしのぐなどこれまで22年の王座戦の中でも最も苦しい展開だったように思います。
 故米長永世棋聖を師とし、渡辺竜王に続く若手の刺客としては人気も高く期待されている中村六段。昨年は棋聖戦にて3連敗。今回は大健闘…では済まされないでしょう。
 先輩を乗り越え、同年代に打ち勝ち、後輩もなぎ倒す。かつての大山名人のイメージです。一説によると大山名人は乗りに乗って挑戦者に登り詰めた若手に対してそのタイトル戦で勝つことよりも『いかにしてダメージを与え、次の挑戦者として対戦する時にその残像を残すか』を考えていたらしい。大山さんの本心はわかりませんが、ある時は徹底的に打ちのめし、またある時は土俵際まで押し込まれたあとやっぱり敵わないと思わせるような逆転…。まさに『老獪』としか言い表す他ない戦いぶりでした。
 羽生さんの年令は42才。老獪と言っては叱られますね。まさに『貫禄の自然体』です。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。