スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

こども将棋講座開催

これまで子供たちへの将棋を教える活動を様々な形で行ってきましたが、今回は幼稚園児から小学校三年までの子供たち23人を集めて駒の動かし方からたっぷり二時間教えました。先人の教えに従いまして一番前に駒の名前もわからない子供たちを座らせて、ある程度指したこともある子供たちは最後列に配置。真ん中は駒の動かし方はわかる程度の子供たち。
一番前の子供たちを中心に教えることを固く決意していましたが、どうしても、後ろの方から元気よく手が上がります。そして教える内容がいつの間にか高めになってしまいました。反省点は将棋の面白さを伝えることができたかどうか、将棋好きを増やすことができたかどうか?今一歩だったかもしれない。
将棋普及をしている皆さんの多くの意見は「最低限駒の動かし方は覚えてから参加して」です。やはり、レベルを合わせて子供たちを集めるのが一番のポイントでしょうか!

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。