スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

新記録に期待

  ヤクルトのバレンタイン選手。王さんのシーズンホームラン記録55本まであと一本に迫りました。今年から選手の皆さんには黙って跳ぶボールに変更されていたことが明らかになって大騒ぎになりました。セリーグの投手が工夫が足りないという指摘もありました。最下位に低迷するチームに所属していることがホームラン量産に有利だったという見方もありました。過去にカブレラ選手とローズ選手が王さんの記録に並ぶホームランを打ちながら、王さんの記録を追い抜けませんでした。正確には敬遠のフォアボールで追い抜くことを許されなかったという方が正しいと思われます。
 武士道の潔さとはかけ離れた日本のプロ野球における寂しい負のエピソードになっています。正々堂々と勝負をして打たれて誰がその投手を責めるというのでしょうか?その投手自らが「汚点を残したくない」という小さな根性としか思えません。偉大な王さんに気遣ってでしょうか!?もちろん記録を持っている王さんはそれを望むような方ではありません。もし日本人選手が王さんの記録に迫ったとしたら、相対する投手は正々堂々と勝負したと思います。つまりは日本人の島国根性でしょう!今回勝負を避けた投手がいたとしたら、「末代までの恥」と記憶しておこうと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。