スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

検定ブームに陰り?

六回目となる「びわ湖検定」は今年が最後で来年度からWEBにてのスタイルになるようです。
全国各地のご当地検定やら、文化習い事に関する検定が雨後の竹の子のように増えてきたブームが一段落なのかもしれません。人気の高い「京都検定」などでも受験者数が減少傾向にありました。問題が易しすぎても合格の意義が薄くなりますし、難し過ぎるのも受験者離れになります。「世界遺産検定」は難易度が高いので有名ですが、話題性もあって人気も持続しているようです。適度な難易度と合格者メリットをいかにアピールするかが人気を持続させるポイントかと思います。
かつてのボーリング、ゴルフなどもブームが去った後は本当に好きな人々が残って活躍……となるのでしょう。
さてびわ湖検定にて過去2度も屈辱を味わった私です。(しかもスタンプラリー加点で下駄をはかせてもらいながら)
「目には目を歯には歯を」、検定の借りは検定で返さなくてはなりません。将棋文化検定は来年に回して、やるしかないか!?

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。