スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

虹岳島荘

 先日家族サービスにて福井県の虹岳島荘に行って参りました。平成21年の秋に富山県黒薙温泉にてお会いした方から「秘湯を守る会」を教えて頂きました。その後苦節?3年。やっとのことでスタンプが完了し、今回その恩恵に預かりました。ほとんどのスタンプが会社の友人と一緒(山陰など)もしくは単身赴任先からの単独行(東京→栃木など)でしたが、この旅は家内と娘と初孫(七ヶ月)を連れての旅行になりました。
 虹岳島荘は名前の通り、「虹」が有名なのでしょうか?雨が降った形跡がないのに虹を見られて感動いたしました。「三方五湖雨も降らずに夏の虹」。スエヒロの経営者が始めた町おこしを現経営者が引き継いでおられるようです。温泉は安土桃山時代から湧き出ているとか。
 今回は新しい発見がありました。大津から京都の北部の大原三千院を通って朽木経由にて行きました。琵琶湖にそそぐ河川は多いのですが、琵琶湖から流れ出るのは瀬田川(淀川に合流して大阪湾に)のみという話は有名です。そして大津市内を流れる川はすべて琵琶湖に注ぎ、太平洋に流れていくものと思っていましたが、市町村合併もあって大津市の北部の川からはなんと日本海に流れていることを知りました。大津市の一部は北陸地方とも言えます。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。