スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

受け入れられなければ立派な「おせっかい」

 よしもと新喜劇にてお互いの肉体的な特徴を罵った後に「アンタにだけには言われたくない!」という場面があります。発言する人によってその発言が受け入れられたり、受け入れられなかったり。 どんなに素晴らしい言葉でもそれを発言する人の素行や品格によって受け入れられないことはよくあることです。ビジネス上の成功者として名声が高い時に書かれた本も脱税容疑で取り調べ!となりますと読む気がしなくなります。話が受け入れてもらえない場合が「おせっかい」。受け入れられれば「人情」なのかもしれません。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。