スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

喫煙したら処分?

  勤務中に喫煙したとして大阪市水道局職員が17人処分したという話です。勤務時間に喫煙したことで処分されるなら、我々民間企業に勤める人の中で多くの喫煙者を処分しなくてはならず、経済活動にも影響する大変な話になります。おそらく、喫煙は理由にしただけで日頃の勤務態度に問題があったのだと推察します。
 かつて職場でゆうゆうと喫煙が許されていた時代がありました。今やヘビースモーカーのワンマン社長でも職場を禁煙にせざるを得ない時代になりました。ビルの片隅で喫煙者がタムロする光景も都会の風物詩でしょうか?真夏でも真冬でもホントにご苦労様です。喫煙者は肩身の狭い思いをしている反面、勤務中に堂々と喫煙所に行ってリフレッシュできるワガママが許されている面もあります。それを規制する方向ではなく非喫煙者も時折気分転換できる職場環境が望ましい。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。