スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

おせっかいをする側、受ける側

 「おせっかい」をする側にしてみますと何の得にもならないけど親切心で……という意味を含んでいます 。また「おせっかい」を受ける側からみますと「ほっといてんか~?」というような有りがた迷惑もあるかもしれません。親子の間の軋轢もどうやらこの辺りが影響しているように思います。子供のためを思ってとやかく言う親。ほっといてほしいと反発する子供。
 おせっかいが純粋に「貴方のために……」であるだけに聞くだけ聞いた方がお得です。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。