スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

週刊将棋の詰将棋探検隊

 週刊将棋に角健逸氏の「詰将棋探検隊」の連載がスタートしました。
 短い手数ながらレベルの高い作品を紹介していく連載のようです。指し将棋の強豪が刺激を受けて詰将棋ファンが増えるというのが理想の形と思います。いつも思うのですが、初級詰将棋に出会った人が少しずつ高いレベルの詰将棋にのめり込んで行くというパターンが標準的パターンではなく、将棋の面白さを知った人が高いレベルの詰将棋に出会い、その感動の結果、詰将棋マニアになっていくというパターンが結構多いのではないか?言い換えますと将棋ファンが新聞週刊誌などのやさしい詰将棋を楽しむファンになる可能性は誰しもが持ち合わせていますが、詰将棋マニアになれる可能性を持つ人の割合は極めて低いように思います。そのように考えますと将棋の普及が極限まで進んだとしても詰将棋マニアが比例して増えるわけではないように思います。指し将棋ファンが詰将棋ファンになったり、詰将棋に夢中だった人が指し将棋に転向したり、双方の世界を行き来する人がいてこそ、両方の世界の発展があると思います。
 そんなわけでこの連載によって一人でも多く「指し将棋派」が「詰将棋派」になってもらいたいと思うところです。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。