スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

献上図式(現代の図式集)

詰将棋関連本は分類しますと「ドリル」と「作品集」と「図式集」の三種類に別れると言われています。
普及の面から考えますと初心者向けの「ドリル」が一番重要に思いますが、「作品集」「図式集」は詰将棋ファンや詰将棋マニアの世界だけではなく、普及の面からも大切だと思います。
  私も将棋を覚えた後に詰将棋の存在は知っていましたが、長い間どういうわけか詰将棋とは15手詰が手数の上限と思い込んでいました。市販の詰将棋集はどの本も15手詰が一番長く、それより長い手数の詰将棋には出会ったことがありませんでした。そんな中、古典詰将棋の33手詰に驚愕した記憶があります。
内藤國雄さんは子供時代に「将棋図巧」に感動してその第一番を自作として披露したことで「國雄は天才少年」と評判になり、プロ棋士への道が開けたというエピソードがあります。少年時代に名画名曲に出会うことがその後の人生に大きなきっかけになる可能性を示した話です。
「詰将棋ドリル」「詰将棋作品集」「図式集」の明確な定義はわかりませんが、それぞれが普及に大きな意味を持っています。「図式集」は出版社の商業ベースには乗らないらしいですが、その役割は決して小さくありません。「文化」とは経済中心の社会とは別次元にあるものです。しかし、長い目で見れば人間社会の発展には欠かせないものと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。