スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

本を読む子供たち

最近、通勤ルートを大幅に変更しました。混雑の厳しい新快速は定年前の身には結構堪えます。そこで時間はかかりますがゆっくり走る京阪電車に変更しました。
 そして新しく見た光景です。 京阪電車に藤森(ふじのもり)という各駅停車と準急が止まる駅があります。この駅で小学生がどっと降ります。私鉄で通うのは私立小学校(京都聖母学院小学校)に通う子供たちのようです。この子供たちが感心なことは電車の中で本を読んでいる子が多いのです。最近のサラリーマンは通勤電車で平気で漫画を読んでいます。この小学校の教育方針として「本を読む楽しみ」を教えているのではないかと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。