スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

献上図式(谷川さん「月下推敲」を奉納)

 昨年の名人戦第四局は静岡市にて行われました。昨年は初代大橋宗桂が徳川家康から将棋所として俸禄を受けたという1612年から400年とのことで「名人400年祭」として様々な行事が各地で行われました。名人戦静岡対局もその一つでした。森内名人と羽生挑戦者さらに立ち会いの谷川さんも揃って久能山久遠寺の徳川家康の墓参りをしました。そして家康の墓前に谷川さんの図式集「月下推敲」を奉納しました。これは江戸期の八世名人九代大橋宗桂が1800年に「将棋舞玉」を将軍家治に奉納して以来、実に200年ぶりの献上図式の奉納と話題になりました。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。