スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

「体罰」について考える(その2)

 ところで私は文化クラブに入る選択はありませんでした。小学生時代に覚えた将棋でしたが、自分としては「将棋が弱い」と理解し、詰将棋は作るが勝ち負けの世界には向かないと自覚していました。そんなわけで将棋部に入るつもりは全くありませんでした。草野球しかやっていない高校生がいきなり甲子園を目指す名門高校野球部に入ってもレベルが追いつかないのと同じで将棋部は遠い存在でした。さて文化クラブには「体罰」はないと思いま す。しかし、「イジメ」的なものはあるかもしれません。部活動は体罰のない文化クラブを選ぶ…ということで安心ではないと思います。
 「伝統」も「文化」も大切に伝えて行かなければなりません。伝え方が問題です。そして伝える側に大きな責任があることは間違いないと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。