スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

ポックリ死ぬということ

 ある程度の年齢になりますと「老後を元気に過ごしてある日突然ポックリ死ねたら理想だね!」なんて話題になります。人かポックリ死ぬためには頭の衰えと肉体の衰えが同時進行することが重要ポイントらしい。頭が衰えていないのに肉体のどこかが異常を起こせばその病と闘う人生を送らなければならない。逆に肉体には異常がなくて脳の衰えが発生しますと痴呆症とかアルツハイマーなどで周りに迷惑をかける人生になってしまいます。
 ではどうしたら脳の衰えと肉体の衰えを同時進行させることができるか!という命題ですが解答は<健康で長生きすること>らしい。あまりに当然過ぎて禅問答のようです。患っての長生きではなくて健康で長生きすれば自然と脳も肉体も衰えてポックリの可能性が高いということです。
 敬老の日の特集でお年よりが元気でスポーツに励む姿があちこちの番組で流れていました。単純に思うのは運動不足は肉体の衰えを早くしてしまうのではないか。とにかく体を動かすことがポイントではないかと思うのです。
 似た話ですが<夜回り先生>水谷修さんの講演で「青少年の非行をなくす方法はしっかり運動させること」と言っていました。つまり非行は夜が舞台。クラブ活動で肉体が疲れ果てれば早く寝てしまって非行に走る暇がないという訳です。どこか似てませんか?

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。