スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

新型インフルエンザ対策

 4月から始まった世界中に広まりつつある新型インフルエンザ。日本では水際で防御する体制を続けてきましたが、いよいよ国内での感染も広がりそうな気配です。これまで国内感染を水際で防止してきた厚生労働省はとりあえず評価されてもいいのではないかと思います。
 年金問題その他で地に落ちていた国民の信頼を多少取り戻したのかもしれません。しかし、鎖国をしない限り、感染拡大は時間の問題と思われます。
 日本としては国内に感染者が入り込まなければいいという考え方ではなく予防ワクチンや治療薬の開発で世界に貢献すべきと思います。
 かつて武士は特権階級でありました。平和な時期には暇にしていても禄がもらえる存在でした。ただし、いざという時には命をかけてお国のために戦う覚悟があったわけです。新型インフルエンザの対応はまさにお国の一大事ですから国民のために頑張って欲しいと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。