スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

イキイキと働くこと

 大卒正社員の三年以内離職率の新聞記事がありました。全体で28.8%の人が離職しているというのは驚くべき数字です。業種別では「学習塾講師・私立学校教員」と宿泊業・飲食サービス」は50%近い数字です。学校関係では公立学校教員のデータは不明ですが、子供たちと向き合うことの難しさを感じます。
 さてさてせっかく就職難を突破したにもかかわらず、やめてしまっては……と思う面もありますが、転職についての考え方も激変しつつあります。「石の上にも三年」とか「何があっても我慢…」から「キャリアを積むこともプラス面の一つ」「複数の業界を知り、複数の職種を経験することにも価値がある」と変化しています。25才前後に第二新卒として社会人経験者を戦力として採用する企業も増えているようです。また「40才定年制」などとかつては思いもよらなかった考え方も出現しています。40才前後にて「キャリアを積んで再就職しなさい」というわけです。40才で悠々自適とは行きませんし、年金のもらえる年齢がさらに高くなる可能性も高いです。あの植木等さんの「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」という時代は過去のものとなって久しく、ますます厳しい情勢になりそうです。
 40才前後にて転職は厳しいという見方の反面、楽しみにもなる面もあるかと思います。つまり、20才前後では何が天職なのかわからないのが現実です。一旦就職して自分の適性を知るとか心の底からやりたいことは何かを知ることは人生の過ごし方として「一粒で二度おいしい」ではないかと思います。サラリーマンの多くは40代50代で、やりたいことも我慢してひたすら家族のためにあるいは会社のために捧げる人生を送り、気がついてみたら定年前にやることがみつからないとか、体力も減退して何もできないことになってしまうこともあるかと思います。40で退職して真にやりたい仕事を選んで再就職するとか、やりたいことで起業するのは素晴らしいことと思います。その際の判断基準は給料報酬の多寡ではないことが大切です。
 イヤイヤ働くことは最終的には人生のマイナス。イキイキワクワク全力を尽くして悔いのない人生が理想です。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。