スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

羽生の五手詰

「羽生の五手詰」という新刊が出ました。詰将棋マニア向けの妙手連発の5手詰ではなく、捨て駒は一手だけであとは「並べ詰」とか。「駒取り」とか「実戦的」な手順で詰む問題が多い。詰将棋マニアから見ますとゆる~い問題ばかり。実は「解けてうれしい詰将棋」の出題も同様の方向性を考えていました。
 将棋の普及の視点で見ますと「一手詰」の存在価値とともにゆる~い3手5手7手にも大いに存在価値があると思っていました。マニアには「詰む将棋」とコケにされますが…。先を越された感じでしょうか。本屋さんに並ぶ詰将棋本は全部この傾向です。出版社もわかってきたと感じます。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。