スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

個性を発揮させる教育

 <好きなことを職業に>は、必ず<世の中そんなに甘くない>という痛烈な反論に出会います。受験戦争は、子供の個性を伸ばすのではなく個性をなくす方向にあるのではないかという意見もあります。かつて、日本の教育はトップ水準にあったのが最近では先進国の中でも低迷傾向らしい。<ゆとり教育>に問題があったのではないかとも言われています。
 思うに、個性の発揮も受験勉強も大切であり、そして子供の頃から職業観について考えさせることが最も大切と思います。その上で、好きなことをどんどんやらせて能力を伸ばすような指導も必要でしょう。つまり、武士の子供が否応なしに文武両道を学ばされたように、現代の子供にも否応なしに受験勉強もスポーツもさせたらいいと思います。
 受験が最終目的みたいな教育指導はまずい。また、受験勉強なんてしなくていいという甘やかした教育も良くないのではないか。最低限の勉強とともに、<好きなことをとことんやれ。必ず生きていける!>でどうでしょうか?

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。