スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

解けてうれしい3手必死

自然な形(実戦型でなくても)。盤面10枚以内。持駒3枚以内。というような条件を満たす3手必死の創作をしたいと思っております。3手必死は攻め方が2回指しますから2手妙手があるのが理想かと思います。しかし私は攻め手が一目で気がつく当然の手でも受け手が妙手とか見るべき所が少しでもあればいいと考えています。必死は詰将棋と比べて解けたという確信が持てずにすっきりした解後感を味わうのが難しい。読み切って確信を持って<解けた!>というのが解答する側の真の実力でしょうか。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。