スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

米長さんの定年後の人生哲学

 米長邦雄著「60歳以後」(海竜社刊)を読みました。定年後の人生を<余生>などと軽く考えてはならない。真剣に生きるべきだと説いています。また熟年離婚されてしまう男性は夢を失っているからだと鋭く指摘しています。さらに<義に生きる>という姿勢が男の魅力であるとも述べています。
 定年後の生き方やアドバイスの著書が多数出版されている中、なかなかの名著だと思います。また米長さんの多数の著書の中でも力作ではないかと思います。
 余断ですが、この本の中でプロ棋士としてはすでに引退した米長さんがインターネット将棋を匿名で指していると明らかにしています。米長さんはビールを飲みながらではありますが、天下の米長さんと対局できるかもしれないというのも夢のある話ですね。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。