スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

便乗商法?本物志向?

 値段の<高い><安い>だけを商品を選ぶ場合の判断基準にしてしまう傾向があります。このことは多くの場合、消費者サイドにその商品の知識が少ないことが原因のように思います。
 つまり、同じような商品が何種類かあって中身の良い悪いを判断するだけの知識を消費者が持っていなければとにかく一番安い商品を選ぶということです。
 逆に、値段が高くても本物を選ぶという傾向も様々な分野で感じられます。特に食品や医療関係では<健康不安><食の安全>が問われている昨今、大きなポイントかもしれません。
 そして、消費者としてはそこに便乗した詐欺まがいの商法にも十分気をつけるべきでしょう。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。