スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

名将佐竹義宣の様子見

 秋田ゆかりの佐竹義宣の小説を2冊(近衛龍春著と南原幹雄著)読みました。北関東で若くして名を上げた戦国大名佐竹義宣は石田三成との義理を守り続け、関ヶ原の戦いの後、家康に秋田へ転封されてしまいます。近衛著では関ヶ原の直前に徳川家康を背後から討つチャンスを逃したことについて詳しく著していません。
 また、南原著では義宣は討つ気満々であったのに上杉景勝とその家臣直江兼続が優柔不断で足並みがそろわずに討たなかったと書かれています。実際には義宣も様子見をしたのではないかと想像しています。
 携帯電話のない時代ですから限られた情報での決断は極めて難しいことであったと思います。小説の世界では主人公をヒーローとして持ち上げて描く傾向を感じます。また、実際に存在したかどうか不明な人物(特に女性)が登場するのもやはり小説ですからいたしかたないのでしょうか?

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。