スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

引き継いでいくこと

 読みたいと思って買ったのに読んでいない本。解くつもりで買ったけど解いていない詰将棋集。後から読むつもりで切り抜きした新聞記事。後から見るつもりで録画したビデオ。手放すにも手放せず、捨てるに捨てられません。数ヶ月前には本を買うのをやめて図書館で借りるようにするという意味の話も書きました。本は買わない。新聞は切り抜かない。録画はしない。という方針にしなければ永遠に増え続けます。
 そして最低限死ぬ直前まで所有していたいものは何と何かという視点からいろいろと考えてみました。読み終えていないから蔵書になっているだけで何度も繰り返し読みたいと真に思う本はほんの数冊でしょうか?その他にも捨てるに捨てられない物に囲まれて生活している現状を憂えているこの頃です。
 いかに生きるかという自分流の美学を貫くためには必要最少限の所有物だけを手元に残す。そして他の物はすべて捨ててしまうかもしくは誰かに引き継ぐことが生きる道のように思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。