スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

赤信号について

 全く車がいない状況での赤信号。せっかちな多くの歩行者は信号を守らずにスタスタと無視して進みます。逆に信号を律儀に守る歩行者は奇妙な人?を見るような目で見られる傾向にあります。
 車の場合は信号無視はしませんが、これは万が一の事故を恐れてということもあるでしょうが、交通違反の罰金が怖いからだと思います。つまり歩行者は例えお巡りさんに叱られたとしても罰金までは取られないという確信があるからのように思います。
 さて、咎められなければルールは守らなくてもいいのでしょうか?<赤信号>は警告なのだから自分の身を自己責任で守るという感覚で守らなくても良いのでしょうか?(青信号でも左右を見て渡りなさいという教育は必要と思います)
 私ですか?奇妙な人と思われるのもつらいので信号無視をしますが、周囲に子供がいたら奇妙な人になります。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。