スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

紛れがない問題は底が浅い?

必死の創作で思うのですが、紛れ筋を含んだ問題がうまくできない。別の言い方をすると一目で正解手順は見破られてしまいそうな感じの問題ばかり。しかしながら、その陰には受け手順があり、詰める手段にも妙手があるのですが、解答者は読みきらなくても正解手順はバレてしまっている・・・。このことは私の詰将棋も当てはまるように思います。やはり出題形式に工夫をすることがいいかもしれない。詰か必死かそれともコーナーでの出題とするとか、必死問題を手数を明示しないで出題するとか。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。