スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

学生時代にクラブ活動で学んだこと

 小学校で野球、中学でサッカー、高校でラグビー、大学でアメリカンフットボールをクラブ活動でやっておりました。
 好きでやり始めたスポーツにもかかわらず、練習が嫌で<サボる>ということも時々ありました。<練習=つらい>というイメージ。そして子供同志の間ではズル休みは許さないぞという相互に監視しあうような雰囲気もありました。
 小学生の時、風邪といって練習を休んで家の近くで遊んでいて後に問題になったことがありました。(チクられました。)また、少しのケガで練習を休むことを<見学>と称して、練習しなければならない健常者から羨望のまなざしで見られたものです。そんな中で自分ながら自慢に思うことは小学校から大学まで一度入部したらクラブ活動は途中で退部することなく卒業まで在籍したことです。
 受験勉強は自分にとって何だったのか?クラブ活動は何だったのか?我慢とか忍耐を体得する機会であったように思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。