スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

詰将棋は有限、必死は?

詰将棋は有限の世界と言われます。<詰むか詰まないか>、<完全作か不完全作か>明確に答えがでるように思います。一方、必死の世界は<作意通りでいいのか><他に必死筋があるのではないか><受けの妙手を見逃しているのではないか>などと確信が持てないことがあります。しかし、実戦における実力アップは格段に必死問題を解くことにあるのではないかと思います。そしてもう一歩踏み込めば、必死に至る一歩前の終盤の寄せ合いの<次の一手問題を解くこと>にあるのではないかと思います。この部分はアマチュアはプロに及ばない領域でしょう。結論的に言いますと終盤の答えを出せるがプロ、明確に答えを出せないのがアマというところでしょうか?

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。