スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

読書は善人を作る

 多湖輝氏は著書「本を読む子に育てよう」PHP社刊の中で<本を読む人間に悪人はいない>と述べています。犯罪が増加している今の日本社会では1人当たりの読書時間の減少とか、出版社の不況とか、活字離れが言われている現状と関係が深いのかもしれません。
 私は子供の頃、読書感想文という宿題が苦手でした。そのために本を1冊読まなければならないというのが苦痛でした。また親に<本を読め>と繰り返し言われたことにも反発を感じておりました。そしていつの頃からか読書好きとなりました。その時期も要因も自覚していませんが、親に言われたからではないことは確かです。また自分で読書好きになろうと決意したわけでもありません。気がついてみたら読書好きとなっていました。そして本好きの影響で善人(本当?)になったようにも思います。
 強制するのではなく自然に知らしめるような親の躾や社会の教育が必要かと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。