スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

掛川途中下車

 大津への帰宅途中に「のぞみ」に乗らずに「こだま」にて掛川で途中下車して山内一豊で有名な掛川城に行ってきました。
 将棋とは全く無関係の見物のつもりが二の丸茶室にて一服しましたら、いきなり羽生さんと久保さんの前々期王将戦の写真にビックリしました。前期の久保さんと豊島さんの写真もありました。二の丸茶室が対局場で宿泊は別のホテルであったという話です。この対局は、羽生さんが王将位のタイトルを失ったシリーズでした。茶室での対局、風流ですね。掛川城は木造復刻の城として珍しいらしい。掛川城駅の駅舎もそれにちなんで木造でした。
 さて秀吉は全国統一の見えてきた1590年、家康から三河駿河を取り上げて家康を関東に移封します。その時に近江長浜から掛川城に入ったのが山内一豊でした。山内一豊は関ケ原では東軍として点数を稼ぎ大幅に加増されて土佐20万石の大大名になります。そして、幕末維新まで山内家が土佐藩の藩主でした。
 なお、掛川城は日本の100名城の一つにノミネートされています。次回は、途中下車して彦根城を見学しようかと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。