スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

山梨県赤石温泉旅行記

1.台風の15号の被害
 9月初旬に台風12号が紀伊半島に大きな爪痕を残しました。特に十津川温泉は甚大な被害でした。再び大型台風15号により山梨県のJR身延線が大きな被害で数日運休となっていました。その影響で、JR身延駅前の立派な参道が閑古鳥です。また日蓮宗の総本山名刹身延山久遠寺も、三連休のお彼岸にもかかわらず閑散としていました。

2.山梨県の温泉
 山梨県にも秘湯と言われる温泉は数々あります。しかし、関東近辺では群馬や栃木の温泉と比較して知名度や評判において一歩譲るところです。富士山、富士五湖などまさに日本を代表する風光明媚な観光地ではありますが、温泉ファンには今一、インパクトに欠けるのかもしれません。

3.秘湯にも台風15号の影響
 そんな中、赤石温泉に家内と二人で2泊3日の予約を入れました。紅葉の季節には朱色の大きな番傘が自然とマッチして雰囲気のある露天風呂が売りです。ところが台風15号の被害で、旅館までの山道が土砂で塞がってしまったと旅館から連絡がありました。さすが秘湯です。山道の開通を待って一泊に短縮して行ってきました。

4.秘湯赤石温泉
 赤石温泉の泉質は、酸化鉄―硫酸塩泉。茶褐色の濁り湯です。茶褐色と言えば関西では有馬温泉、滋賀県の須賀谷温泉、奈良県の吉野温泉などがあります。東京近郊では絶滅したと思っていた混浴が残っているのも秘湯と言える所以かもしれません。
 都心から近いとは言うものの甲府ICからさらに約一時間です。標高800mは季節も1~2ケ月違うような感じがします。

5.女性優先?
 温泉ブームが女性に浸透したこともあって、混浴を基本としながらも女性専用タイムが設定されているなど、工夫もありました。しかし、細切れの時間設定は家内には不評でした。温泉は「時間を気にせず…」が基本です。また、一晩中入れるのが理想ですが、温泉は夜10時までというのは少々不満なところです。

6.妙連の滝
 パワースポット「妙連の滝」が、旅館から徒歩10分でした。川の急流、水量の多さは感動のパワースポットなのですが、道中の山道の急流な階段は、女性や小さい子供には恐怖を感じさせます。
 実は、高所恐怖症の私も足がすくんで前に進みませんでした。

7.美術品展示品調度品
 パンフレットでみる談話室など、なかなかいい雰囲気です。絵画や調度品などもそれぞれ謂れがあるのでしょう。また、木造建物も風情があります。一つ一つはいい感じですが、全体に調和を欠いた感じがしました。
 釣り堀や子供用のプールもあります。子供連れをターゲットにしているのか?秘湯ファンをターゲットにしているのか?

9.縁起のいい紅白の温泉プレゼント
 同宿のお客様。「息子夫婦が親孝行でこの温泉旅行をプレゼント」という話でした。2泊目は長野県の白骨温泉に向かうらしい。
 「赤」石温泉と「白」骨温泉の「紅白」のプレゼントとは縁起がいい。

10.将棋連盟の米長会長はこの近くのご出身のようです

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。