スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

年金問題

 年金の支給年齢を引き上げる話が検討されているようです。これからリタイアする我々世代にはもちろんのこと若い人々にとって極めて面白くない話です。
 一方、民間企業側も迷惑な話に思えます。政府は『雇用を確保する』ように呼び掛けていますが、定年前の世代は長いサラリーマン生活でヘトヘトです。そんな会社にしがみつくのが精一杯のヘトヘト世代
に働く場を提供しなくてはなりません。企業にとっても大変に迷惑な話です。
 経済的な多少の余裕と自由に使える自分の時間と健康…。我々世代は定年後の悠々自適の生活を夢見て残業手当ももらわず、自腹の接待も厭わず、付き合い酒に時間を浪費し、サラリーマンとして言いたいことや、やりたいことをじっと我慢して骨身を削って働き続けてきました。そんなヘトヘトな我々に『ゴールはまだまだ先だよ~!』とまだまだ働けと言うわけですから。
 年金財政の見通しを誤った責任者や、無駄遣いをした役人の皆さんはA級戦犯として裁かれて当然と思います。
 『急激な少子化』とかで誤魔化さないでもらいたい。当然わかっていたはずです。
 年金問題の一番の課題は、『国民への約束を守る』ことでしょう。『国民皆年金』とか、『100年続く年金』とか、年金改革はどこに行ってしまったのでしょうか?
 もらえるかどうかわからない年金、支給開始年齢が先伸ばしされる年金では、国民は支える気になりません。今の政治は、若い世代の気持ちを理解しているとは到底思えない。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。