スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

M君の20回忌(その1)

 M君は大学時代アメリカンフットボールで共に汗を流した仲間の一人です。『エネルギッシュ』と言えば私もめったに負けないのですが、彼には一歩も二歩も譲るところでした。
 彼は大学卒業後、商社マンとして水を得た魚のように活躍しました。ところが今から20年前、大阪に勤務していた私に突然訃報が入りました。3年の海外勤務から日本に戻って1年余、癌がM君を蝕み、37才の若さで帰らぬ人となってしまいました。訃報を聞いた時の衝撃は私には大変に大きなものでした。そして、美人の奥さんと可愛い盛りの7才の男の子と5才の女の子の悲しみはいかばかりであったかと。
 その後20年間、私は関東をずっと離れていてすっかり不義理をしてしまいました。今回初めて東京勤務となって20年振りに命日にご家族にお会いしました。同期の仲間が2人一緒でした。学生時代のM君の思い出話をご家族3人をほったらかして懐かしく語り出す同期生3人。
 幼くして大切なお父さんを失ったあの男の子は27才の青年になり、女の子は25才の愛らしいレディになっていました。我々の語る学生時代のお父さんの思い出話はどのように感じたでしょうか?

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。