スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

越智さんのお話(その1)

 話は将棋史研究家の越智信義さんに戻ります。越智さんと言えば将棋雑誌の編集者からは原稿の依頼、プロ棋士の皆さんから資料の確認など将棋界の人は大変にお世話になったようです。まさに将棋界の「生き字引」です。
 往年のプロ棋士、木村義夫名人や大山升田の全盛時代はもちろんのこと関根金次郎名人と坂田三吉の時代についてもよくご存知でまさに「将棋博士」と呼んでも過言ではない方と思います。
 さて今も90才を超えてますますお元気で矍鑠とされています。月刊誌「将棋世界」にペンネームで「江戸の名人」と題して連載を続けておられます。江戸時代の参勤交代が将棋の普及にも一役買ったなど興味深い。最新号では将軍家治の指した将棋の棋譜を紹介しています。家元の八世名人大橋宗桂が将軍家治さんに気を使って花を持たせる様子を披露しています。さすがに名人ですから強いだけではなく将棋好きの将軍様を気持ちよく勝たせる術も巧みだったのでしょう。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。