スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

新聞社とタイトル戦について

 王座戦の主催は日本経済新聞社です。今回渡辺竜王が挑戦者になった話は将棋ファンにとって大きなニュースですが、日本経済新聞を購読していないとしばらく情報は届きません。(インターネットで確認すれば別ですが)
 このことは主催新聞社だけが情報を囲い込んで他の新聞社には流さないという傾向を感じます。別の見方をすると新聞社の皆さんは「他の新聞社のタイトル戦については盛り上がって欲しくない。自社の主催するタイトル戦だけ盛り上がってくれたらいい」というような感覚でいらっしゃるのかと疑問に思います。
 将棋だけでなくスポーツでも同じことは感じられます。またテレビ局の主催でも同じです。ファンの気持ちはどこが主催だろうが「ニュースをしっかり伝えてくれ!」であると思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。