スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

詰将棋全国大会

 毎年恒例の詰将棋の全国大会が大阪高槻市で開催されました。東京、名古屋、関西、地方都市のサイクルで開催されています。今年は関西の詰棋人の集まりである創棋会の皆さんの事前準備が行き届いていて段取りの良さを感じました。
 また谷川さんの「月下推敲」をはじめとして大会に合わせて発行された詰将棋集が多いのが話題となったのも特徴でした。この傾向は来年以降も続くのではないかと思われます。「400人一局集」は前会長の門脇芳雄さんの悲願であり、病床で喜んでおられることと思います。
 真夏の暑い日に熱い詰将棋マニアが集います。考えただけで汗がどっと噴出しますね。そんなわけで来年は地方都市の番、涼しい長野と決定しています。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。