スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

脳の老化現象に歯止め

 最近、私は記憶力の低下を切実に感じています。今、頭に浮かんだことがすぐに忘れて思い出せないとか、顔見知りとわかっているものの名前が出てこないとか、詰将棋の図面を記憶して右から左に移せないなどなど。
 最近テレビで放送していたのですが、<覚えられない>のではなく<覚えたことを思い出せない>というのが正しいと。思い出しやすくするには<具体的に行動をイメージする訓練>が有効らしい。
 同年代の皆さんも脳の活性化に苦心されているようです。ある方は今から難しい国家資格試験に挑戦すると張り切っています。定年後の就職やビジネスのためというより脳の活性化のためらしい。一生勉強というのは賛同できますがこの年で難行苦行は脳にいいものかどうか?もう少し肩の力を抜いた方がいいのではと思います。(やはり検定ぐらいか?)

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。