スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

歴史上の人物の研究

 十代将軍徳川家治は政を田沼意次に任せて風流三昧。詰将棋集「将棋巧格」を残しました。この話などから家治は将軍として凡庸であったという通説がある一方、井沢元彦氏は側用人を置いた将軍は自ら政治を行うという意思表示であったと逆説を唱えています。通説か逆説か興味深いところです。詰将棋の研究から江戸時代を探求するというのも私にとって新しいテーマになりそうです。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。