スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

「後々の歴史家に任せいっ!」

 私の好きなお笑い芸人の一人、上岡龍太郎氏。すでに67才、2000年に芸能界を引退し、今や公式の場にはほとんど出ないのですが、同氏の漫画トリオ時代に次のエピソードがあります。
 「売れ初めの頃、自分のことの出た新聞・雑誌の記事をスクラップしていたが、たまたま見つけたノック氏が<そういうのはちゃんと残してくれる人が出てくるから止めろ!>と注意されたことに感動し<誰かに残してもらえるような芸人になろう>と発起した。」
 私は同氏がこのエピソードをノック氏から「後々の歴史家に任せいっ!」と言われたとテレビ番組で話していたことを明確に記憶しています。この時、上岡氏は(自分たち漫画トリオを歴史上の人物のように誇張して)ジョークのように話をされていました。本来はジョークではなくて<振り返るな、純粋に前を見て努力しろ!>という意味だったんですね。素晴らしい名言だと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。