スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

原発放射能漏れ

 子供の頃、「放射能の雨」とよく耳にしました。雨に当たらないようにと注意されました。どこかの国が核実験をした結果だったと思います。
 福島県の農産物、水産物、畜産物は放射能漏れの影響で悲惨な状況です。その補償を負担するのは東京電力であり、国家ということになるのでしょうが、結局国民の税金になるわけです。言い換えると原子力発電の安全コスト計算が間違っていた。つまり、電気代はもっと高くあるべきだったという結論になります。節電の意識が浸透したことはいいことですが、電気代はもっと高いと認識を変えるべきかと思います。
 それと地震国日本としては原発をやめる方向に議論を進めなくてはならないのかもしれません。日本の<利権の構造>体質からの脱却が大きな課題と思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。