スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

救援の心

 食品会社が救援の食料を大量に放出したり、もともと赤字経営で苦しんでいた繊維関係の会社が大量に毛布を提供したという話もありました。汲々として利益を追及してきた企業がこういう非常時に人の命を優先し、助け合いの心を発揮するのは心が温まります。
 企業は利益を追及するのは当然ですが、国難に当たって損得勘定抜きの経営者決断は必要と思います。世間はこういう企業を見放すことはありません。赤字企業も近い将来には黒字に転じると思います。
 さて海外の要人からのメッセージにも感動を覚えます。外交的にイザコザが絶えない隣国の首脳が暖かい支援の言葉(多少はパフォーマンスか?)とともに救援物資や救援部隊を日本に送ってくれています。世界は一つと感激しました。このような心があるのに戦争がなぜ起こるのか?とも思いました。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。