スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

必死のスリル

 必死には詰将棋にはない一風変わった面白さがあります。それは詰将棋にはないスリルのような感覚です。詰将棋では王手の連続ですから玉方は王手の応対をしなければなりません。例えば王手を続けている内は攻め方の主要駒を奪い取る余裕がないわけです。一方、必死問題では「王手」もしくは「詰めろ」の連続で攻めるのですが、「詰めろ」の場合には玉方は王手を避けなくてもいいので別の手が指せるという余裕が発生します。「詰めろ」を有効にかけたつもりが、主要駒を奪い取られて逃れということもあります。このスリルが必死の面白さの一面です。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。