スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

広澤克己さんの講演会

 元プロ野球選手の広澤克己さんの講演を聞いてきました。野村、長嶋、星野という3人の大監督の下でヤクルト、巨人、阪神で大活躍しました。信長秀吉家康の性格を表す「ホトトギス談義」になぞらえての野村、長嶋、星野監督ならどのように表現するかという名物監督の裏話がメインでした。
 私にとっては明治大学時代の島岡監督とのエピソードが印象に残りました。ドラフト1位でヤクルトに入団し、巨人、阪神で大活躍した広澤さんですから、学生時代も華々しかっただろうと思われていますが、明治大学1年生当時に島岡監督から徹底的に干されていたらしい。「嫌われていたからまともに練習をさせてもらえず、洗濯とか寒い日には焚き火の世話など下働きばかりであった」とご本人は言われました。チャンスさえもらえない自分に嫌気が差してしまいます。そして野球をやめようと夜逃げの準備をしているとある先輩が「監督は見ていないようで見ているよ。今は辛抱だ」と。
 島岡監督は広澤さんを嫌っていたのではなく、才能を認めていたために慢心しないように敢えて練習さえさせなかったのだと思います。島岡監督の深謀遠慮に感動しました。なお、鉄拳制裁を明治大学からプロ野球に持ち込んだ星野さんの功績は大きいと感じました。
 この講演会は主に若い人を対象に<元気><一生懸命>がテーマでしたが、引退直前の日本シリーズで不調で出番はもうないかもしれない、このまま引退か!と思われた場面で手の豆をつぶしながらベンチ裏で素振りに打ち込む姿勢。そして最終回に回ってきた代打指名。渾身の一振りがホームラン!
 「否応なしに求められる成果」「結果がすべて」という風潮の時代ですが、若い人達には「地道な努力は必ず報われる」といういい話だったと思います。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。