スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PAGE TOP

相撲界不祥事

 さて相撲界の八百長問題はいよいよ60年ぶりの春場所中止という事態になってしまいました。外国人力士が上位を占めて活躍し、日本人力士がお互いに星をお金でやり取りしてナアナアの勝負をしていたわけですから、勝負の女神どころではなく堕落の一途です。
 十両と幕下の処遇の格差に問題があったという意見もありました。つまり十両から陥落すると給料なしという厳しい環境に戻される。そこでお互いに生活権を守るための手段であったと。似たような話として将棋界では奨励会三段には給料がなく四段以上には給料があります。しかし、前述の通り、将棋界に八百長はないと言われています。
 スポーツ選手も芸能人もプロ棋士も子供達や一般人からみますと憧れの職業であります。限られた一部の人だけが成功できる厳しい世界と理解されています。それだけに難行苦行に耐える精神力、一途にその道に励む純粋な姿に感動したりするわけです。憧れの職業に携わる人は子供達や一般のサラリーマンの夢を壊さないでもらいたい。特に今回、相撲界を目指して夢を追いかけて精進している少年力士を思うと心苦しく思います。夢を壊してしまった罪は組織全体の責任であると思います。まさに<組織は腐敗する>です。

▲PAGE TOP

«  | Home |  »


まとめ

Contents

  随 想
  詰々草
  風流旅日記

Admin

検索フォーム

アーカイブ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。